カマグラ(カマグラゴールド)の効果と使用方法

薬とグラス

カマグラゴールドはストレスを抱えていたり、EDの症状で悩んだり、性交渉に満足していなかったりする男性に適したお薬です。
錠剤の他にも水のいらないゼリー状のタイプやタブレットタイプも取り揃えられています。

カマグラは性交渉の最中に萎えてしまうのを防ぐ効果を得ることが期待できるのです。
陰茎の周りの血液の流れを改善することによって自分が本来持っているペニスの硬さを実現させる効果があるとされています。
他のED治療薬と比べてみてもカマグラがペニスを硬くする働きには一定の評価が得られていて人気の高まっている理由です。

年齢を重ねるのに従って免疫力や体力が低下し勃起力も衰えてきてしまいます。
元気が出なかったり、なかなか勃起しなかったりすることに悩んでいる男性がたくさんいるのです。
カマグラは医療機関などで処方されていて充分な実績があるED治療薬と同一の成分であるシルデナフィルを配合しているジェネリック医薬品なので価格も安く効果が得られることが実証されていることになります。

カマグラは1日あたりに1度だけ1錠の半分以下を飲むのが正しい飲み方です。
1回服用したときの効果の持続時間は、およそ4時間から6時間ぐらいとなっていて次の服用は24時間以上時間を空ける必要があります。
錠剤は水と一緒に飲み込む飲み方がおすすめです。胃腸にかかる負担を抑えることができるというのが理由になります。

カマグラは大柄な外国人の体格に合わせて製造されているのでシルデナフィルが1錠あたりに100ミリグラムも配合されているのです。
体格が小柄な日本人にとっては100ミリグラムという量は多過ぎるため効き目が強過ぎて身体に負担がかかってしまう可能性があります。

ですのでピルカッターを入手して錠剤を半分や4分の1の大きさに切り取って服用することにより日本人の体格に適している量にすることが可能です。
半分に切り取ると1日あたり1つの錠剤を半分だけ服用することになるため1錠を2日間に亘って服用することができる様になります。

カマグラを使用するタイミングは?

ED治療薬のカマグラ(カマグラゴールド)はインドの製薬会社で作られたバイアグラのジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品なので元の薬であるバイアグラよりも価格が安くなっています。
この薬には50mgと100mgの2つの種類があり、主成分はバイアグラと同じくシルデナフィルです。

EDを誘発するPDE5の働きを阻害することができますし、血管を拡張させることにより、勃起を持続させる効果が期待できます。
カマグラ(カマグラゴールド)の1日の摂取上限は100mgとなっており、用法用量をきちんと守ることが大切です。
過剰摂取すると心臓への負担が大きくなってしまうので注意しましょう。

カマグラ(カマグラゴールド)は錠剤タイプだけでなく、ゼリータイプやタブレットタイプなどもあります。
これらは味や飲み方が違うだけでなく、体内に吸収される速度も違うため、効果の出方にも違いが出てくるということです。
日本では錠剤タイプが一般的となっており、手軽に飲めるというメリットがあります。

カマグラ(カマグラゴールド)の効果を高めたいという場合、使用するタイミングが重要です。
この薬には2つの種類がありますが、100mgを購入した場合は半分以下にして服用しましょう。50mgの場合は1錠を服用します。
効果の持続時間には個人差もありますが、4~6時間程度は持続すると言われています。

カマグラ(カマグラゴールド)の効果の持続時間を長くしたいという人もいるかもしれません。
しかし、1回に50mg以上服用すると体への負担が大きくなってしまいます。
たくさん摂取すれば効果が長くなるわけでもありませんし、過剰摂取になってしまうので注意しましょう。

カマグラは服用してから効果が出るまでに1時間程度かかります。
ピークは服用後1時間とされており、その後は少しずつ効果が弱まっていきます。
効果が切れないか心配な場合は1時間前に服用しておくのがおすすめです。
ピーク時にあわせて性行為を行うことにより、途中で効果が切れる心配もありませんし、安心して性行為ができるでしょう。